一言でいうと、国営ではないGPS!

XYOネットワークの運営会社、XYは2012年に設立してから、分散化型のロケーションネットワークを構築するため世界クラスのロケーション・プロトコルの開発を進めてきました。クリプトロケーション・プロトコルのエコシステムにより、XYOネットワークが分散化型ロケーションネットワークを実現します。

icon

次世代型のブロックチェーンアプリケーション、GEO dApp(地理的分散型アプリ)を可能にするツールを構築しています

Icon

オープンソース

ブロックチェーンと実世界を繋ぐ世界初の試みでは、すべてのブロックチェーン開発者がいずれ必要となる基板ツールを開発する必要がありました。開発に使用した技術はすべてオープンソースで提供しています。

Icon

オープンプロトコル

ブロックチェーンのdApp(分散型アプリ)を地理的な分散型アプリにするため、XYのSDKの1つ(XYO dAPP SDKまたはXYO Mining SDK)を使用。これにより、開発者はエンドユーザーに広告以外でdAppへ貢献出来る新たな方法を提供することが出来るようになります。

Icon

オープンSDK

ブロックチェーンのdApp(分散型アプリ)を地理的な分散型アプリにするため、XYのSDKの1つ(XYO dAPP SDKまたはXYO Mining SDK)を使用。これにより、開発者はエンドユーザーに広告以外でdAppへ貢献出来る新たな方法を提供することが出来るようになります。

Proof Of Origin (プルーフ・オブ・オリジン)

トラストレスシステムでは、データが紛失、破損、変更または、他の方法でそこなわれたりします。トラストレスシステム内の既存のProof of Origin (プルーフ・オブ・オリジン)は、取引または契約に署名する秘密鍵(プライベートキー)に依存しています。それらのデータに署名するネットワーク上のノードが物理的および事実的に安全ということを前提にした場合に機能するシステムであり、秘密鍵が侵害された場合は、プルーフ・オブ・オリジンの能力は低下します。 そもそもプルーフ・オブ・オリジンとは、XYOネットワークに流れていく元帳が有効であることを確認するためのキーです。ユニークIDは、なりすましの危険性があります。秘密鍵の署名も、ほとんどのXYOネットワークの部分が物理的に保護できず、秘密鍵を盗まれる可能性が十分にあります。これを解決するために、XYO ネットワークは 一時的なキーの変更機能(Transient Key Changing)を使用します。これにより、データの元々のチェーンの改ざんがほぼ不可能になります。

未来をつくるブロックチェーンプラットフォームを支えています

XYOネットワークは下記のコントラクト・プラットフォームでネイティブに動作し、チューリング・コンプリート機能によりその他のブロックチェーンのプラットフォームでも動作することが出来ます。

  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
  • Blockchain
SEC免責事項と将来予想に関する記述:

XYトークンは株ではなく、XYO位置情報ネットワークで使うためのトークン(イーサリアムスマートコントラクトでXYネットワークを使うために必要)であることをご認識お願いいたします。

出資する前に証券の発行に関する回報をお読みください。

投資の詳細については、こちらのページをご参照お願い致します。 xy.company/offering

 XYOネットワークでトークンをご購入の際は、このページのリンクからお願い致します。